平和と想像

私たちが困難に直面するとき、それは時としてあまりに深い苦痛に陥り、そこから抜け出せず、もがき苦しむことがある。

私たちは常に自身の幸せを願っており、誰も不幸になるために生きていない。しかし、人生において困難は必ず訪れる。そんな時私たちは人知れず悩み、まるで月の無い闇夜をさまよう感覚に陥る。そして闇夜の中に希望の光を必死で探し掴もうとする。もしかすると光を探すことも出来ないほど心が虚脱してしまうこともあるだろう。

しかし私たち人類は、生まれながらにして素晴らしい能力が備わっている。それは”手を差し伸べる”ことができるということ。自らの困難を克服した時もそうであったように、私たちは人々に手を差し伸べる。では、なぜ手を差し伸べることができるのか?それは想像することができるからだ。そこに私たちがかつて経験した苦しみを見出し、手を差し伸べることによって他を苦しみから救えるという想像ができるからだ。

想像力という言葉がある。

私たちは様々な苦しみを背負っている。しかし決して苦しみに蓋をしてはならない。大切なのは”なぜ起こるのか?”を一心一意、想像し続けること。そして、その想像力はいつか行動につながる。Johnは何度も繰り返し歌う。「想像してごらん」と。私たちの想像力は無限の可能性を秘めている。この力が地球を救う。大袈裟じゃない、本当のこと。

最高のひとときをお届けします

FABRICKと共にタイムスリップを楽しみませんか?ビートルズの楽曲において、ハンブルグ時代から解散後のソロ曲まで幅広いラインナップをご提供します。通常のLIVEから大小様々なイベントまで、参加される方々に最高のひとときをお届けできるようお手伝いします。どうぞお気軽にお問い合わせください。