The Beatles Last Concert at Candlestick Park 1966

52年前の今日、1966年8月29日は、ビートルズが最後のツアーコンサートを行った日です。その後の談話で「自分たちの音が聞こえない歓声の中で毎日ツアーをやっているとバンドが上達しない」という言葉は有名ですね。彼らにとって余りあるアイデアを表現できない状況に、もどかしさと焦りを感じたのでしょう。その後ビートルズはスタジオにこもり、数々の名盤を生み出していくことになります。

場所はサンフランシスコにあるキャンドルスティック・パーク。このスタジアムはもともとMLBのサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地として使用されており、その後はMFLのフォーティーナイナーズのホームとして愛された場所です。身近なところでは、日本人メジャーリーガーの野茂英雄のデビュー戦もここでしたね。多くのドラマを生んだこのスタジアムも、老朽化を理由に2014年、解体されてしまいました。

さて、ビートルズにとって岐路となった1966年ですが、この頃から彼らのファッションがとてもカッコよくなるのです。数年前、英国の片田舎から文字通り楽器を担いで上京したむっさい4人の若者は、あれよあれよという間にスターダムにのし上がり、世界一の人気者になります。マネージャーのブライアン・エプスタインは彼らにブラック・スーツを着用させ、”ファッショナブル”なイメージを作ろうとしますが、何とも”馬子にも衣裳”な感じが拭えないのです。しかしこの頃になると、垢ぬけるというか、洗練された雰囲気がグンっと出てきます。着こなしも表情も自然で、とてもオシャレな青年になります。

ビートルズというとブラック・スーツが印象的で、世界中のトリビュート・バンドがこぞって衣装にしています。私たちFABRICKも結成から随分と経ちました。むっさい広島の若者が、ほんの少しだけ有名になりました。そろそろブラック・スーツを脱ぎ、洗練された衣装を考えてみようかと思案しているところです。

乞うご期待!

最高のひとときをお届けします

FABRICKと共にタイムスリップを楽しみませんか?ビートルズの楽曲において、ハンブルグ時代から解散後のソロ曲まで幅広いラインナップをご提供します。通常のLIVEから大小様々なイベントまで、参加される方々に最高のひとときをお届けできるようお手伝いします。どうぞお気軽にお問い合わせください。